Event is FINISHED

彫刻と音楽にみる木材の世界

2015年4月19日(日)東京大学 一条ホールで行う《彫刻×音楽コラボイベント5つの魅力》をご紹介。①注目作家の彫刻作品が見られる②注目作家の彫刻作品が隣に座っている(かも)③渡辺美穂さんの演奏が至近距離で聴ける④彫刻家と演奏家のクロストークが聴ける⑤彫刻家と演奏家との交流会もある。至福のアート体験、ぜひご注目ください
Description

「木」が繋ぐ、音楽と彫刻のコラボレーション。
他では聴けない話、得難い音楽体験、どうぞお見逃しなく。




《開場》12:30 《開演》13:00


==プログラム=====================

第一部:
演奏家と彫刻家によるトークセッション「木から生まれる かたちと音」

出演

井戸博章(彫刻家)


馬塲稔郎(彫刻家)


本多絵美子(彫刻家)

渡辺美穂(ヴァイオリン奏者)


第二部:
オルケストラ・クラシカ 第二回定期演奏会

W.A.Mozart
 セレナーデ第10番「グラン・バルティータ」
 ディヴェルティメントKV138
 交響曲第29番 イ長調

指揮・音楽監督:大森悠(大阪フィル首席奏者)

ゲストコンサートマスター:渡辺美穂(元大阪フィルコンサートマスター)


※終了後には彫刻家や音楽家との交流会あり(参加費は別途2,000円)

==================================
当日、会場に彫刻作品が展示されます!
五感で感じるアートな一日をお楽しみください。
==================================

《関連する記事はこちら》
わずか10mの距離であの人の演奏が聴けるの?
テレビで見たあの作品が、あなたの隣の席に?
目・耳・口・鼻…、脳が喜ぶ日曜日

演奏家と彫刻家によるトークセッション

第一部:「木から生まれる かたちと音」

「木」を彫ってかたちをつくる彫刻家と、
「木」でつくられた楽器を奏でる音楽家によるトークセッション。

「木」を起点に、それぞれのアートを縦横無尽に語りつくします。

内容は、

・彫刻家と木の関係
・彫刻ができるまで
・彫刻の楽しみ方
・作品の見どころ など

・音楽と木の関係
・木材による音の違い
・クラシック音楽の楽しみ方
・演奏の聴きどころ など


実演あり、映像あり、あっという間の90分です。

渡辺美穂さんからは、ご自身が保有されている

1964年製のヴァイオリン《アマティ》についての解説も予定しています。


第二部:オルケストラ・クラシカ 第二回定期演奏会

2013年に発足した
室内管弦楽団「オルケストラ・クラシカ」の第二回定期演奏会

わずか10m以内の至近距離で、
元大阪フィル コンサートマスター
渡辺美穂さんの演奏を聴くことができる
貴重な機会です。


トークセッションで、
作品の聴きどころも理解をし、
音色のなかの「木」の存在にアンテナが立った状態で聴く演奏会は、
いつもと違う、
他では得難い音楽体験となることでしょう。

演奏曲目は、

W.A.Mozart
 セレナーデ第10番「グラン・バルティータ」
 ディヴェルティメントKV138
 交響曲第29番 イ短調

===

うっかり他の予定を入れてしまう前に、
今すぐチケットをご購入ください。

《関連する記事はこちら》
わずか10mの距離であの人の演奏が聴けるの?
テレビで見たあの作品が、あなたの隣の席に?
目・耳・口・鼻…、脳が喜ぶ日曜日





Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-04-14 14:42:20
More updates
Sun Apr 19, 2015
1:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京大学弥生講堂 一条ホール
Tickets
全席自由 ¥3,000
Venue Address
東京都文京区弥生1-1-1 Japan
Organizer
日本彫刻センター&室内管弦楽団オルケストラ・クラシカ共催
22 Followers